便秘解消に良い食物繊維

便秘を解消する時に食物繊維を食事に取り入れたにも関わらず、便秘が解消するどころかますますお腹が張り、便が出にくくなることもあります。 食物繊維は、水溶性と不溶性の2つのタイプがあり、一方の食物繊維ばかりを食べてしまうと腸の中にたまってしまい逆効果となることがあるため、 2つのタイプをバランス良く取ることが便秘の解消へとつながります。水溶性の食物繊維の働きとしては、排便を促す/血圧上昇を抑える/腸の状態を整えるなどがあげられます。 対して不溶性の食物繊維の働きは、大腸の水分保持/便を柔らかくして排便しやすくする/有害物質(ダイオキシンや発がん性物質)を吸収し体外へ排出する。などがあげられます。

 

食べ物によって体への働きが異なるので、バランスを取って食について考慮することが大切です。繊維質を多く含む食べ物は、 にんにく/ごぼう/オクラ/にんじん/レモン/プルーン/きな粉/小豆/納豆/昆布/わかめ/大麦/干し椎茸/えのき/エリンギ/こんにゃくなどがあります。 また、繊維の質の多い食物は水分を多く吸収する性質も持っており、そのため、体内の水分量が少ないと便がカチカチになり腸で押し流すことが困難となり、 便秘を引き起こすことになります。便秘を無くすためには、適度な水分摂取も必要になります。

 

[注目サイト]
便秘解消にも効果がある酵素ダイエット用の酵素ドリンクです → お嬢様酵素